【日記】今年、学んだことv2018

1年前にも書いたので、今回も書いてみるけどネタが少ないので業務チックなことも含める。

Ionic

https://ionicframework.com/を使ってAndroid/iOSアプリを作った。ionicはAngularベースなので私にとっては敷居が低く簡単だった。大きな違いとしてはnativeと言われるスマホならではの機能(BluetoothやGPSなど)の関数があるところぐらい。Android/iOSのアプリが一つのプロジェクトから生成できるのはいいね。

Apple Developer登録

法人としてApple Developerの登録を行った。法人の登録方法を記載しているブログは意外と少ない。理由としては法人でやったことをブログで公開する人はあまりいないからだろう。ブログの画面と実際の登録画面が違ったりして面倒だった。会社情報を記載すれば終わりではなく、登録2日後ぐらいに電話での確認(本当に人がいるかの確認っぽい)があった。簡単な質疑応答で最速でも4日ぐらいは掛かると思う。個人ならどうなんだろうね。

Developer登録した理由は会社でアプリを公開するから。当たり前だね。しかし、この公開作業が非常に面倒だった。上記の通りIonicで開発してたけど、アプリ公開に必要な画像の登録や、スナップショットなど用意するものが別途必要だった。Ionicの有料版を使えば手間が省けるのかな?。さらにスナップショットの画像は5.5インチと12インチが必要だった。シミュレーターのを登録すれば良いのだけど、BLEアプリだったため、シミュレーターでは動かすことができない。BLEのロジックのところをいじってスナップショットを取る無駄な作業をした。iPhone XとiPad Proを持ってたらこんな作業しなくてもよいのにな。本気でスマホアプリの開発を行う機がないので買わないけど。

Unity

C#といってもいいのかな?Vive Proを買ったのでVRゲームとか作ってみたくてUnityを勉強中。仕事にしようと思っていないから趣味の範囲だけど良くわからないね。無駄にeditorconfigとかに凝ったりしてる。

まとめ

今年は新しい言語やFWの勉強はほぼしてないと思った。今年のベースはAngularでより詳しく学ぶ日々だったかな。まだ試してないけどAngular v7とかライブラリ化とか時間を見て試してみたいね。以上、良いお年を

スポンサーリンク
レタリング(大)広告
レタリング(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レタリング(大)広告