VRについて調べてみた。

Vive Pro買いました(自慢)

Vive Proを購入し、Unityを勉強中です。playerとしても楽しんでいますが、作る側になりたい。どんな端末や技術があるか調べてみて自分なりにまとめてみたので誤情報もあるかも

XR端末

VR、MR、ARの総称の事。HMD(ヘッドマウントディスプレイ)を被るのは同じだが没入レベルがことなる。細かく分けると結構たいへん。

VR端末

Virtual Reality(仮想現実)。ここではスタンドアロン型を除いて説明する。

  • Vive,Vive Pro,Oculus riftなどが代表端末
  • 没入レベルは最上位
  • 端末代は6万~(Vive Proセットは17万)
  • ハイスペックPCが必要
  • トラッキングするためのセンサーが必要
  • トラッキングレベルが高いく、フルトラッキング(全身)可能
  • 動き回る場合は広い空間が必要

センサー(Viveではベースステーションと言う)は使用者・デバイスの位置情報を取得するために必要となる。トラッカーを付けることによりフルトラッキングが可能になる。

VR端末-スタンドアロン型

Virtual Realityのスタンドアロン型。通常のVR端末と異なるところは

  • PCが不要で単体で動く
  • 端末代は3万~6万
  • トラッキングセンサーは不要
  • フルトラッキングは不可能
  • 歩き回る前提では無いため広い空間を用意する必要はない

MR端末

Mixed Reality(複合現実)。VRより没入感は劣るが比較的安価。インサイドアウト方式を採用しておりカメラによりトラッキングを行う場合が多い。VRとARの間になる。

  • PCが必要
  • 端末は5万~7万
  • トラッキングセンサーは不要
  • フルトラッキングは不可能
  • 歩き回る前提では無いため広い空間を用意する必要はない

インサイドアウト方式のカメラはMR端末に入っている場合と、PCのカメラを使う2タイプがあるみたい。PlayStation VRは個人的にMR端末だと思う。

AR端末

Augmented Reality(拡張現実)。身近な端末はスマホ。スノー SNOWがイメージしやすい現実世界に付加情報を載せる。HMD型ではなく、眼鏡型の端末になる。あくまで拡張現実=「現実の景色に付加情報を与えて情報を拡張する」。私は人の名前を覚えるのが苦手なので、顔を見て、頭あたりに名前を表示してくれるアプリが安価で出てくれば買う。

トラッキング

trackingは直訳で「追跡」、どこを見ているか、手の位置はどこかなどの位置情報や向き、全体の形などのデータを取る

フルボディトラッキング

全身の状態を取得する。モンスターハンターワールドがテレビの特集で紹介しておりyoutubeに上がっている。youtube権利上よろしくないのでそのうち消されるかもしれない。


これはあくまで業務レベルの話。スタートアップ/個人レベルではViveトラッカーを使用することになるだろう。トラッカーを手・足・その他(武器など)につけてトラッキング場所を増やすことができる。

手・指のトラッキング

leapmotion(製品名)により手・指レベルのトラッキングができる。VR端末の場合はHMDに付けるようになる。カメラによるトラッキングなので有効範囲は限られている。

動きのトラッキング

Virtuix Omni(製品名)により、移動に関するトラッキングができる。公式動画を見るのが一番理解が早いだろう。

トラッキングまとめ

様々なトラッキングがあり、没入感を高めるには必要となるものだが、高性能にしようとすると設備・費用ともに高くなるがそれはコンテンツの問題であり、簡易なトラッキングで十分なコンテンツの方が圧倒的に多いだろう。

Virtuix Omniのような大掛かりなトラッキング機器はロマンが爆発しそうだ。ダイエットとしても有効だろうし、腰を固定し転倒できないなら医療としてリハビリにも役立つのではないかと考えている。

VRで何ができるのか

「VRで何ができるのか」と言う問いは「スマホで何ができるのか」を答えるのと同じで非常に難しい。ゲームや大人の動画と娯楽が注目されるが、医療にも導入されている事例もあるし、芸術としてVRアーティストも存在する。Virtual Reality(仮想現実)と言葉の通り仮想であるため「(体験・経験)できない事ができる」としか答えようがない。

スポンサーリンク
レタリング(大)広告
レタリング(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レタリング(大)広告