【TypeScript】引数に制限をもたせる【type alias】

特定の値を引数として許可する

共通処理で特定の値のみを引数として許可したい場合は良くある事で、これまでenumを使用してきたが、どうやらtype aliasと言う技術があるようなので試してみた。

宣言でtypeを使用する

書式はtype 変数名 = 値1 | 値2 | ...... ;となる。サンプルソースを用意したのでそれを見て参照してもらったほうが早いだろう。

hoge関数の引数の型としてtype宣言したSortTypeを指定している。そのおかげで引数として渡せる値はtype宣言した値に制限することができる。type宣言した値以外を使うとコンパイルエラーになるため安全性も確保できるし、enumやinterfaceを使うよりスマートに記載することができる。

スポンサーリンク
レタリング(大)広告
レタリング(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レタリング(大)広告