【Ionic】ライフサイクル【Lifecycle events】

Angularと違うLifecycle events

AngularでもライフライクルイベントがありngOnInitなど宣言できますが、implementsでinterface宣言をする必要があります。Ionicではimplements宣言なしでライフサイクルイベントを実行・管理することができます。公式ページのライフサイクルイベント和訳と自分なりに考えた例です。

公式ページの和訳と例

Page Event Returns 説明
ionViewDidLoad void ページが読み込まれたときに実行されます。このイベントは、作成されるページごとに1回のみ発生します。ページが去ってもキャッシュされている場合、このイベントはその後の表示で再び発生しません。ionViewDidLoadイベントは、ページのセットアップコードを置くのに良い場所です。
例:初期データ読み込み、Loading発行
ionViewWillEnter void ページが表示されてアクティブなページになる直前に実行されます。
例:初期表示のポップアップ
ionViewDidEnter void ページが完全に表示され、現在アクティブなページになったときに実行されます。このイベントは、最初のロードであっても、キャッシュされたページであっても発生します。
例:Loading停止
ionViewWillLeave void ページが非アクティブにされようとしており、アクティブページではなくなったときに実行されます。
例:ページを離れてい良いかの確認ダイアログ
ionViewDidLeave void ページが終了し、アクティブページではなくなったときに実行されます。
例:不要になった外部サービスの停止(DBのdiscconectionやsocket終了)
ionViewWillUnload void ページが破棄されようとしているときに実行され、要素が削除されます。
例:思いつかない
ionViewCanEnter boolean/Promise<void> ビューが入る前に実行されます。これは、認証されたビューで一種の "ガード"として使用でき、ビューを入力する前に権限をチェックする必要があります。
例:ログインチェック
ionViewCanLeave boolean/Promise<void> ビューが終了する前に実行されます。これは、ビューが離れる前にパーミッションをチェックする必要がある、認証されたビューで一種の "ガード"として使用できます。
例:ログアウトチェック
スポンサーリンク
レタリング(大)広告
レタリング(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レタリング(大)広告