【CoreOS】端末から直接ログインする方法【autologin】

CoreOSはデフォルトでは操作を行う方法としてSSHしか提供されていないため、端末にキーボードを繋いで直接の操作は出来ないようになっている。

直接端末できるようにする

rootユーザーでgrub.cfgファイルを作成しset linux_append=”coreos.autologin=tty1″と記載する

再起動するとCoreOSを直接操作できる。
しかし、起動した状態でログイン状態になっており、exitコマンドで抜けだしても再度ログインされた状態になる。sudo -sコマンドを発行するとrootになるので、リモートでのセキュリティは変わらないが直接端末をパスワードなしで操作される危険性が生まれるので、そこのところだけ注意を。

セキュリティは落ちるけど

そもそも、直接ログインを調べた理由が、物理サーバーを現場に納品するのでIP等の設定を再設定する必要がある可能性が出て来る。IPさえわかればLANで接続し、ホスト端末のIPとサブネットマスクを変更すればSSHによる操作が可能だが念のために有効にしておくと言う理由と、納品先のユーザーがシャットダウン作業を行う可能性があるため

納品後の管理者が未確定だから、こんなことをしないといけない。しょうが無いのだろうけど。

スポンサーリンク
レタリング(大)広告
レタリング(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レタリング(大)広告