docker-compose.ymlに間違ってvolumeを2つ書いてもエラーにはならない

記述ミスでもエラーにならない

忘れないようにメモ。
コンテナmariadbのタイムゾーンをホストと合わせるために/etc/localtimeを共通化させていた。その後、永続化するために/var/lib/mysqlをvolumeに追加するつもりがvolumesを間違って2つ書いてしまった。

間違ったymlファイル(抜粋)

docker-compose build、docker-compose up -dコマンドを発行してもエラーは発生せず、コンテナは起動するが「/hoge/mariadb:/var/lib/mysql」はホストにマウントされない。
「/etc/localtime:/etc/localtime:ro」はマウントされているため、最後に記述したvolumesが適用され、それ以前のvolumesの記述は無効化されるようだ。

正しいymlファイル(抜粋)

ただの記述ミスだが、エラーが発生しないので注意しないといけないなと思ったのでメモ。

スポンサーリンク
レタリング(大)広告
レタリング(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レタリング(大)広告