VS Codeにいれている拡張機能を晒してみる

VS Codeにいれている拡張機能を晒してみる

メインの開発用途はDocker、node.js、Angular2で、昔expressなどもやっていたので名残が残ってたり。

Active File In StatusBar

status barにアクティブファイルのフルパスを表示してくれる。

Active File In StatusBar

Angular v2 TypeScript Snippets

Angular 2用のSnippets。
Angular-cliを使っているため、HTMLファイルの使用がメイン

Angular v2 TypeScript Snippets

Bootstrap 3 Snippets

Bootstrap 3用のSnippets。
ちょっと使いこなせている感じがしない。勉強不足
Bootstrap 3 Snippets

Code Runner

いろんな言語をサポートしてるみたいだけど、個人的にはJavaScriptやTypeScriptをちょっと動かしてみたいときに使う。

Code Runner

Docker

Dockerfile, docker-compose.ymlのSnippets。
こんな命令があったんだー。と気づいたりするときもある。portなのかportsなのかド忘れしたときに便利。

Docker

Document This

JSDocの雛形を作成してくれる。TypeScriptも対応。
間違ったコメントの書き方をしなくて済む。

Document This

EditorConfig for VS Code

エディタの設定をできる。charsetはUTF-8で固定していると後々幸せになる。
VS Codeの基本設定であるsettings.jsonにも"files.encoding": "utf8"を入れているのは内緒。
EditorConfig for VS Code

ESLint

JavaScriptの検証ツール。使いこなせているかは謎。
ESLint

File Peek

TypeScript、JavaScriptのパスで指定されたファイルの参照ができる。Angular2がサポートされているので便利。

File Peek

HTML Snippets

HTMLのSnippets。カッコを書く手間を省いてくれるのとclassオプション、ダブルクォーテーションなども書いてくれる。便利。

HTML Snippets

Path Intellisense

パスを補完してくれる。相対パスで指定する機会が多いのでタイプミスなども無くなる。

Path Intellisense

Pug (Jade) snippets

Pug(旧jade)のsnippets。タグのとじ忘れなどなくなるからpugは好き。だけど分岐などをさせようとすると苦労する時がある。pugはあまり人気ない??
Pug (Jade) snippets

SVG Viewer

SVGファイルを画像として見ることが出来る。ブラウザを開かずに済む。

SVG Viewer

zenkaku

全角スペースを表示してくれる。
Visual Studio Codeで全角スペースを可視化する方法の質問があり作ってみた。
英語で書いた説明が変だ。と思いつつも修正しない。
パクリ元はwhitespace-plusなので一緒に入れるとどうなるんだろうとちょっと不安。
あと全角スペースって英語でなんて言うんだろう?

zenkaku

スポンサーリンク
レタリング(大)広告
レタリング(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レタリング(大)広告